ヴィジュアルライブ
2024.04.26
SHAZNA NEWS
 昨年、結成30周年を迎えたSHAZNA。30年という歩みの中で彼らは、活動休止や解散も経験。2017年に再結成して以降は、ゆっくりとした歩みながら活動を継続。栄華を極めた時期もあれば、奈落へと落ちて這いつくばった時期もある。たとえ絶望にうちひしがれようとステージに立ち続けてきたのは、いろんな形を模索しようとも、歩みを続ける3人を信じてきたLOVERS(ファン)の存在があったからだ。
  再結成後のSHAZNAは、もう「解散」という言葉を口にすることはない。命尽きるまで歩み続ける意志を胸に記している。だからこそ30周年という大きな区切りの年に、LOVERSたちへ感謝の思いも伝えつつ、これからも共に歩み続ける意志を確かめあおうと、「30th AnniversaryWith your precious LOVERS~同窓会からはじめよう~」と題した単独公演を4月21日(日)に日本橋三井ホールで行った。タイトルへ記した"同窓会"の文字が示すように、メンバーやファン同士の再会も含めた懐かしさ故の思いも加わり、チケットはSold Outを記録した。
  この日のライブを行う前に、SHAZNAは「ライブで聴きたい楽曲」を、Webを通してファンたちから募っていた。今回の演目は、最新曲の『一角獣 -モノケロス-』以外は、ファンたちのリクエスト上位曲たちで構成。そこには、インディーズ時代の楽曲が多くランクインしていた。今回の投票を実施したときに支持していた人たちが、インディーズ時代のSHAZNAに触れていた人たちが中心だったのも嬉しい驚きだった。そう、みんなこの日を待っていた。




  ライブは、メジャー1stアルバムに収録していた『Magenta story』から幕を開けた。始まりに相応しい攻撃的な楽曲だ。でも客席中から拳が突き上がるのではなく、揺らめく手の花の咲き誇る景色なのがSHAZNAらしさであり、90年代を彩ったヴィジュアル系バンドのライブらしい風景だ。
  足を運んだLOVERSたちにとっても嬉しかったのが、次に『ESCAPE』を演奏したこと。小箱で対バンライブを重ねていた時代、SHAZNAは『ESCAPE』を響かせることでフロアにいた人たちの心をつかみ、LOVERSとして迎え入れてきた。IZAMが「愛しい声が今その胸に届いていますか?」と歌いかけるたびに、振り上げたたくさんの手が舞台へと伸び、その声や言葉をつかもうとしていた。 出会った時期は様々なれ、SHAZNAが届けた愛しい声を胸の奥で響かせ続けている人たちが、今でもたくさんいることが嬉しい。立て続けにSHAZNAは、最新曲の『一角獣 -モノケロス-』を演奏。『ESCAPE』とは、生まれた年代に20年以上に開きがあるとはいえ、楽曲が放つ熱や、歌詞に込めた意志は、何もぶれてはいない。そこが、時代の変化の波に左右されない独自性を培ってきたSHAZNAらしい姿だ。



 彼らの楽曲にラブソングは欠かせない。次のブロックからはSHAZNAらしさを描きだしたラブソングの数々を披露。インディーズ時代から歌い続けてきた『If... -with tears in one's eyes-』には、あの時代特有の悲嘆にくれる心模様が描き出されていたが、続く、メジャーデビュー以降に発表した『Cest la vie』や『Iily of the valley』には、恋に恋するときめいた気持ちが映し出されている。ライブでも、IZAMIの恋にときめく思いの見える歌声や、華やかで軽やかなA・O・IとNIYの演奏に触れ、大勢の人たちが両手を優しく揺らし、心に小さな花を咲かせ、一人一人が恋する乙女や少年に心を戻しながら、恋したときのときめきを胸に甦らせていた。淡い恋心が高まったところで歌ったのが、『恋人』だ。曲が流れた瞬間から、舞台と客席の間にある境界線を互いに飛び越え、お互いを強く求めあっていた。切ない歌詞とはいえ、『恋人』に触れている間中、初な恋にときめいた頃の自分を思い返しつつ、胸を弾ませるキュンメロなこの曲の持つ魔法に魅了され、気持ちがずっと煌めいていた。歌い終え、最後にIZAMの投げたKISSが、今も胸の奥に痣のように残っている。



  次のブロックでは、インディーズとメジャー時代の楽曲を交互に演奏。『Dizziness』を通して見せた攻めた表情とノスタルジックな心模様。『華やかな演奏に乗せた『Love is Alive』では、「世界で一番大好きな君」と愛しい人との甘い物語を歌うIZAMの声に触れ、場内中の人たちがロマンチックな気分に浸っていた。愛しい人への恋心を歌った『VOICE』では、2ビートで駆ける演奏や、途中三拍子に変化する曲展開に気持ち奮い立つドラマを覚えつつ、「この詩声は届いていますか?」の声に胸をキュッと締めつけられた人たちが、舞台に向け大きく手を伸ばしていた。続く『Sweet heart Memory』では、運命の人を待つ恋心を歌ったIZAMの声に向け、たくさんの人たちがラブなハートのチューニングを合わせ、その思いを抱きしめながら淡い笑顔を浮かべていた。
  温かな思いへ包まれた中へ繰り出したのが、一風堂のカバー曲『すみれ September Love』。心地好く跳ねた楽曲を魅力に、3人は、満員のLOVERSたちと共に、この場を華やかなダンスホールへ染め上げ、気持ちが揺らめくままに、心も身体もゆらゆらと揺らしていた。IZAMと一緒に「You・You・You」と歌声を交わしあった、あのひととき、本当に心が踊っていた。



 最後のブロックは、ラバーズナンバーを3連打。幻想ファンタジックな音色に乗せ飛び出した『PIECE OF LOVE』では、IZAMがスタンドマイクに設置したマイクを強く握りしめ、愛しい思いを相手(LOVERS)へ届くようにと凛々しい様で歌えば、『Dear Love』でも逢いたくて募る思いを膨らませるたびに、歌声や演奏に熱を漲らせていた。
  本編最後に歌ったのが、SHAZNAの顔となる『Melty Love』。IZAMの歌声に合わせて、LOVERSたちが手にしたサイリウムを振りながら、この会場をピンクの光揺れる景色に染め上げた。凛々しい姿で演奏を届けるA・O・IとNIY。対してIZAMは、とろけそうな甘い歌声を響かせ続ける。IZAMに誘われるままに起きた「Melty Love×3」の大合唱。『Melty Love』に触れている間中、みんなが恋に恋する乙女や少年に心を戻し、SHAZNAに思いきり恋していた。
  一つ一つの楽曲が、出会ったあの頃の自分へ心を揺り戻す。30年という時間軸を飛び越えながら、いろんな思い出の景色へ、新たな思い出を描き加えた時間が、一瞬で過ぎていった。


 アンコールの声変わりに、『Melty Love』のサビをメンバーが出てくるまでエンドレスで歌い続けるのも、懐かしく、でも、お馴染みの風景だ。アンコールの1曲目を、インディーズ時代の名曲『Raspberry Time』で始めたのも嬉しかった。活動当初こそ、切ない恋心を歌うことの多かったSHAZNAだが、この頃には、後のメジャー時期にも繋がる、幸せを求める愛しい恋心を歌うようになっていた。そんな表現の変化も感じつつ、跳ねるビートに合わせ、大勢の人たちが恋に胸をときめかすように手を大きく振りながら、メンバーらと甘い熱気を味わっていた。
  そこへ熱い衝動をぶつけるように、SHAZNAは『PEARL』を演奏。この曲も、インディーズ時代からライブ空間に熱狂渦巻く景色を作り続けてきた楽曲だ。IZAMの歌う「Pearl White Memories」の歌声に合わせ、LOVERたちも声を張り上げる。この場に生まれた一体化した空気は、まさに、昔のライブハウスの中に渦巻いていた熱気と同じだ。
 「お前らの曲だ」と叫ぶIZAM。最後の最後にSHAZNAが届けたのは,やはりこの曲。この場に足を運んだ一人一人のテーマ曲の『Lovers』だ。活動初期の曲らしく、だいぶ闇を抱えた歌詞であるところにも時代性を覚える。この曲では、A・O・IとNIYがそれぞれ叫んだ「Lovers see just see another moonlight」の声と、満員の観客たちが熱情した声を戦わす場面も誕生。この曲の途中で、演奏を中断し、2日後に誕生日を迎えるIZAMのためにケーキでお祝いをするサプライズも登場。その後も、気迫と気迫をぶつけあう熱いバトルを繰り広げながら、互いに熱情した姿で、30周年のお祝いの幕を閉じていった。



 今後のSHAZNAだが、メジャーデビュー日に当たる8月27日にアルバム『参華三釼』を発売する。その作品を手に、9月8日にサンリオピューロランドフェアリーランドシアターで、2部構成のライブを行うことも発表した。この日のライブは、第1部でアルバム曲+シングル曲を中心にセレクト。第2部では、アルバム曲+レア曲を中心に集めたライブを行う。2回の公演ともに見逃せない内容だ。止めることなく、歩み続けるSHAZNA。その道のりへ、これからも一緒に寄り添いながら歩き続けようじゃないか。


 最後に。この日のライブを観て改めて感じた思いを述べたい。活動初期時こそ、当時のヴィジュアル系(以下・V系)バンドと同じような時代背景に寄り添う、刹那(一瞬の美学)を抱いた切ない歌詞を綴ることもあったSHAZNAだが、彼らは一貫して"愛"を歌い続けてきた。昔も今もSHAZNAは、V体バンドが好む破滅の美学ではなく、幸せを求める恋心を歌にしてきた。インディーズ時代のSHAZNAは、音楽シーンの中でガラパゴス化していた刹那と破滅を好む当時のV系シーンの中でも異端な存在だった。その異端が、テレビ番組を通してV系の顔となり、結果、ヴィジュアル系という言葉を世に知らしめた。異端が王道になる歩みは、V系というシーン自体も経験してきたこと。世間的に異端だったV系シーンの中でもとくに異端の存在だったSHAZNAが、結果的にV系の王道に祭り上げられたのは、最高の皮肉だった。でも、裏を返せば、あの頃からSHAZNAは、愛を歌う最高のポップメイカーだった。だからジャンルの壁を超え、大勢の人たちの心をときめかせた。もちろん今も、どの時代の楽曲を聴いても、色褪せないどころか、胸をドキドキさせる。当時のV系シーンが爪弾きにしたバンドこそが、最も大衆のハートをつかむヒットメイカーだったところが、じつに愉快じゃないか。結果、それが影の存在だったV系を日向の世界へ押し上げていったのだから。
  今もSHAZNAは、世の中の人たちの心を動かす良質な恋歌を変わらずに届け続けている。30年という時を経て、ふたたびそこへ熱い視線が注がれていることが嬉しい。時代で遊ぶ人々よ、その視線を、もっとこっちへ向けてみないか。



PHOTO: 千葉貴文
TEXT:長澤智典


Information

9月8日(日) 開催決定!
SHAZNA 結成30周年 アルバム発売記念ライヴ 『参華三釼』〈サンカミツルギ〉

会場 サンリオピューロランド・フェアリーランドシアター

【1部 ~A feast of popular songs~】
開場13:00/開演13:30
全席指定
※アルバム曲とポップ曲中心のセットリストになります。

【2部 ~A feast of maniac songs~】
開場17:00/開演17:30
全席指定
※アルバム曲とレア曲のセットリストになります。

▼詳細はこちら
https://www.puroland.jp/collaboration/shazna-puro




SHAZNA Official Fanclub『LOVERS』
https://yoor.jp/door/shazna


SNS

 X(旧Twitter)https://twitter.com/SHAZNA_1993



関連ニュース
  • 2024.06.24
    ミスイ NEWS
    ミスイ、新たな全国ツアー【夏の単独公演ツアー「ASEDAKU」】を発表!!
  • 2024.06.24
    バンもん! NEWS
    バンもん!、主催サーキットフェス「NAKAYOSHI FES.2024」第1弾出演アーティストを解禁!
  • 2024.06.23
    菅田将暉  NEWS  
    菅田将暉、7/3(水)に3rd ALBUM『SPIN』をリリースする菅田将暉が、新アーティスト写真を解禁!
  • 2024.06.23
    阿部真央 NEWS
    阿部真央、新曲「進むために」のミュージックビデオを公開!
  • 2024.06.23
    12012 NEWS
    12012、 "結成の地"大阪にて約10年ぶりとなる凱旋ライブ決定!
  • もっと見る
  • 閉じる
  • 2024.06.22
    Strawberry Girls NEWS
    “アイドル界No.1 ダンスパフォーマンスグループ”Strawberry Girls (ストロベリーガールズ)”
    rock field (ロックフィールド) ✕ コロムビアより、2024 年8 月13 日に1st ミニアルバム『SHOWCASE』がメジャーリリース!

  • 2024.06.21
    [ kei ] NEWS
    [ kei ]、6/21に連続リリース第3弾「PIXIE」発売&東急プラザ渋谷にて初のポップアップストア開催決定!
  • 2024.06.21
    渡辺美里 NEWS
    渡辺美里、1992年発売のセルフカバーアルバム「HELLO LOVERS」をアナログ盤として7/10にリリース決定!!
  • 2024.06.21
    紫 今 NEWS
    新世代クリエイター紫 今 (ムラサキイマ)、8 月に東京で自身初のワンマンライブが開催決定!
  • 2024.06.20
    燃えこれ学園 NEWS
    蒼音舞(燃えこれ学園)の揺るぐことのない決意を示した「蒼音舞生誕祭」。
  • 2024.06.20
    Furui Riho NEWS
    Furui Riho、ビルボードライブ東京&大阪、ツアー開催決定!
  • 2024.06.20
    リーガルリリー NEWS
    リーガルリリー、7/5開催の10周年記念企画ライブは、
    Cody・Lee(李)とねぐせ。を迎えスリーマンで開催!
  • 2024.06.17
    FLOW NEWS
    FLOW20周年の集大成!ロックバンドが創るアニソンロックフェス!声での出演アクトとして福山潤、名塚佳織!!サイドステージにNONSTYLE井上出演決定!!!
  • 2024.06.16
    坂口有望 NEWS
    坂口有望、6月19日(水)新曲「⼥兼-いや-」の配信リリース決定!新アーティスト写真公開!
  • 2024.06.16
    清 竜人25 NEWS
    一夫多妻制アイドルユニット"清 竜人25"メンバー新たに再結成発表!7月11日には、KT Zepp Yokohamaにてお披露目イベントも開催決定!
  • 2024.06.15
    きみとバンド NEWS
    自分たちが新しい活動スタイルを作っていく!!
    きみとバンド レコ発&4th anniversary ツアー決定!
    ~8月4日から約3か月全6ヵ所で開催!
  • 2024.06.14
    CYNHN NEWS
    CYNHN対バン企画ゲストにmekakushe発表!さらには7月からの東名阪ツアー「Sunflower」決定!
  • 2024.06.13
    太田家 NEWS 
    太田家『5周年記念ワンマンライブ「おおたの源 5!ゴ-太田家」』公演レポート!
  • 2024.06.13
    いきものがかり NEWS
    いきものがかり 11月2日(土)に弾き語り武道館公演の開催を発表!
    武道館に向け7月末より全国各地にて弾き語りフリーライブツアーも実施!
  • 2024.06.13
    After the Rain NEWS
    After the Rain(そらる×まふまふ)が、初のVS(バーサス)テーマで5年ぶりに夏のワンマンライブを、今年オープンのLaLa arena TOKYO-BAYにて2Days開催決定!
  • 2024.06.12
    三月のパンタシア NEWS
    三月のパンタシア、ニューアルバム「愛の不可思議」のリリースと、8/24開催のライブタイトルが解禁!
  • 2024.06.12
    a子 NEWS
    a子、7月10日リリースの1st Album『GENE』特典映像より、「惑星」アコースティックライブ映像を公開!
  • 2024.06.11
    a子 NEWS
    a子、7月23日に1st Album『GENE』のリリースを記念したフリーライブの開催が決定!
  • 2024.06.11
    ミスイ NEWS
    ミスイ春の単独公演ツアー「一華開けて天下の弱」ミスイが限界を超えた先に描き出したカオスな熱狂の一夜!
  • 2024.06.11
    斉藤朱夏 NEWS
    斉藤朱夏、ソロデビュー5周年記念ミニアルバム「555」発売に先駆けて、新ビジュアル公開!
  • 2024.06.10
    a子 NEWS
    a子、ファーストアルバム『GENE』7月10日にリリース決定、アートワークを公開!収録全曲ライナーノーツ&撮り下ろしビジュアルが収められた早期特典のZINEや各ショップ購入特典の詳細も!
  • 2024.06.09
    XANVALA NEWS
    あなたが後で後悔したくないのなら、XANVALAのZepp Shinjuku公演を見逃すな!!
  • 2024.06.08
    ABC vs Janne ~Respect Cover2man LIVE NEWS
    9月6日(金)『ABC vs Janne ~Respect Cover2man LIVE』、1500枚を超える一次先行申し込みにつきにより急遽会場を 渋谷REXから“赤羽ReNY alpha”へ変更! 二次先行は6月8日より受付開始!!
  • 2024.06.08
    Vijuttoke!!Festtoke!! NEWS
    東海地区最大級!Vijuttokeがおくる東海地区初のビジュアル系サーキットイベント!
    Vijuttoke主催「Vijuttoke!!Festtoke!!2024」、2024年9月23日(祝、月)に去年に続き今年も開催決定!
    第一弾出演アーティスト発表!
  • 2024.06.07
    Myuk NEWS
    Myuk、「Arcana」Instagramリール 総再生回数が1000万回再生を突破!
    ワンマンライブで夏にGuianoとのコラボ楽曲のリリースとツアー実施を発表!
  • 2024.06.07
    斉藤朱夏 NEWS
    斉藤朱夏、ソロデビュー5周年記念ミニアルバム「555」に収録される表題曲『だらけ。』のミュージックビデオが公開!
  • 2024.06.07
    『ABC vs Janne 〜Respect Cover2man LIVE』 NEWS
    9月6 日(金)Janne Da Arc & Acid Black Cherryを愛するバンドマンが集結。カバーバンドによるツーマンライブを開催!!
  • 2024.06.07
    [ kei ] NEWS
    [ kei ]、8月12日LINE CUBE SHIBUYA「0」公演の詳細を発表!
  • 2024.06.06
    羊文学 NEWS
    TVアニメ『呪術廻戦』「渋谷事変」EDテーマとして話題を呼んだ羊文学「more than words」がストリーミング累計1億回再生を突破!
  • 2024.06.06
    FIXER NEWS
    XANVALAのYuhmaと70.、知哉、Chantyの白が在籍していたバンド。FIXERが限定復活ワンマン公演を開催!!
  • 2024.06.05
    Ryubi Miyase NEWS
    Ryubi Miyaseライブのみで披露していた新曲『NEVERLAND』の配信リリース!!
  • 2024.06.05
    idom NEWS
    idom新曲「知らず知らず」デジタルシングルとして発売!!
  • 2024.06.04
    音羽-otoha- NEWS
    ドラマ「墜落JKと廃人教師 Lesson2」主題歌をシンガーソングライター 音羽-otoha- が書き下ろし!
  • 2024.06.04
    adieu (上白石萌歌) NEWS
    adieu (上白石萌歌) 、自身初のフェス出演となる「SUMMER SONIC 2024 」 に出演決定!!
  • 2024.06.03
    燃えこれ学園 NEWS
    「自分が信じた道を、これからも進んでいきます」。三浦千鶴(燃えこれ学園)が生誕祭で誓った決意!!